読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

harvest(仮説)

Hello Mr.Autumnというバンドが運営するサイトHarvest (http://harvest-autumn.com/)の仮設サイトでした

洲崎西スーパーライブに行ってきた

洲崎西という、声優の洲崎綾さん、西明日香さんがパーソナリティーのラジオ番組がある。

今年の5月くらいに、ナタリーかどこかのサイトで、「放送100回記念のイベントを中野サンプラザで開催、ラジオがアニメ化」というニュースを見て、「ラジオなのに公開録音ではなくイベント・・・?」「ラジオなのにアニメ化・・・?」と色々疑問に思い、思わず聞いてみた。

そしたら二人の軽快なトークに思わずハマってしまい、今は毎週聞いている。
そんな二人がCDを出し、ライブがある、というので行ってきた。場所は大宮ソニックシティ 大ホール。

当日券も売り出していたみたいだけど、1階席は満席だった。

seaside-c.jp

 

f:id:hellomrautumn:20151206234739j:plain

 

開演前のBGM

ライブ開始15分くらい前に入ると、BGMはAvlil Lavigneのcomplicated。凄く懐かしかったし、女性らしい選曲だと思ってたんだけど、次の曲がEaglesのHow long、そしてBryan AdamsのCan't stop this thing we started

むちゃくちゃ渋い。二人が選曲しているのだろうか・・・

その後はThe MerrymakerというバンドのSaltwater DrinksとSuperstarの2曲だった。

ちなみに終演後はAriana Grande。Baby Iだった。

 

 

ライブについて

ライブは大盛り上がりで、トークパートもラジオ通りで盛り上がる。
ライブ(前半)→トーク→衣装チェンジ(ライブ限定のジョブトレ動画)→ライブ(後半)→Smile revolutionのPV→Smile revolutionの衣装に着替えた2人がライブ→アンコールの流れだったと思う。

前半のライブは基本的にダンスなし、後半のライブは2人の息の合ったダンスだった。
前半のライブは自由に身体を動かしながら歌う感じだったんだけど、そのパフォーマンスを見てると、洲崎さんのほうがライブ慣れしている感じがした。

ライブパート・トークパートを通じて、ラジオでのリスナーいじりと同様、客いじりもしっかりしていて、本当にラジオがそのまま飛び出して(ライブも含めた)拡大版でお届けしている印象に近かったと思う。

声優さんだから声良いし、歌もCD通りで上手いし、良かった。

前半ライブ3曲目のDestinationではギターのお兄さんが原曲通りワウペダルをもの凄く効かせていて、シャカポコいってた。開演前、ギターのお兄さんがサウンドチェックでギターを鳴らしていた時は、かなり歪んだ音だと思ったんだけど、開演してみると、全く気にならなかった。

4曲目のMy wayは本当に良い曲でアルバム「Hi!!」の中でも好きな曲。しっとりした曲で、二人は座って歌っていた。しっとりした曲だし、聴かせる曲だから座って歌っているのかと思っていたら、洲崎さんが「3曲歌って疲れるから休むために座った」旨の発言。洲崎西らしい展開だった。

アルバム等で聞いてた「Believing」はライブで映える良い曲だったし、後半にやった「YELL」やアンコール?の「AUNG」は想像以上に盛り上がる曲で良かったな。

また、他に、過去のSEASIDE LIVE FESの際の曲も演奏された。タイムマシン、Happy New Worldの2曲がかっこ良かった。CD買おうかと思う。

今回のライブはビデオカメラも入ってたし、映像化されると思っている。

 

ペンライト

そして今回失敗だったのが、ペンライトを持っていなかったこと。
普通のライブのテンションで行ったら、会場の95%以上はペンライトを持っていて、曲に合わせてペンライトを振っていた。曲でも、二人と一緒にサビでペンライトを振る、振り付けありの曲もあったりして、ペンライトを持つことは当然、ということを知った。

 

運が悪かったのか、発券が遅かったのか、席が1階の後方、32列目あたりだったんだけど、大宮ソニックシティは舞台までの距離感が近いのは救われた。
「後方で残念・・・」と思っていたけれど、後方だったおかげで、ペンライトの光がよく見えたのは良かった。

花澤さんのライブでも思ったんだけど、開演と同時に会場が暗くなって、お客さんのペンライトが一斉に光るのは本当に綺麗だし、幻想的。

ペンライトの振りがあった曲では、全員が青色にしていて、本当に綺麗だった。会場が暗い中、曲に合わせて同じ色の光が一様に動くさまは美しい。
同じ青でもペンライトの種類によって微妙に色が違ったり、同じ方向に動いていても、動くタイミングや角度が微妙に違って、それが不思議なリズムになって見ていて心地良い。
この曲では、舞台を見るより、ペンライトを見ていた気がする。

 

9月に行ったULTRA JAPANでは、GoogleGoogle play)が腕に付けるライトを配布していて、来場者全員が付けていたと思うんだけど、腕を突き出して皆で振ったり、とかはあまりなかったと思うし、光もまばらだった。

対して今回の洲崎西スーパーライブではほとんどの人がペンライトを持って振るから迫力が違う。一体感も違う。会場全体での一体感、お客さんも含めてライブを作っている感じがするから、ペンライトって良いのかもしれない。

 

 

SEASIDE LIVE FES 2015

SEASIDE LIVE FES 2015に行く予定は全くなかったんだけど、今回のライブが良すぎたので、終演後に販売されていたチケットを思わず買ってしまった。

SEASIDE LIVE FES2015も楽しみだ。

 

 

 

 

 

—————————————————————————————–

記事とは関係ありませんが、曲を作っています。

 

http://hellomrautumn.bandcamp.com